レシートキャンペーンを成功に導くためには?具体的なポイントを解説

公開日:2022/03/01

レシートキャンペーンシステムは、多くの企業が採用し、販売促進、顧客認知に役立てています。レシートキャンペーンを成功させるためにはどのようなことを意識する必要があるのでしょうか。ここでは、レシートキャンペーンを成功させるためには、どのような方法で顧客にアピールするべきなのか解説します。

豪華な景品を用意する

当然ですが、消費者はメリットがなければ簡単に企業の販売戦略には乗ってきません。その商品に本質的に興味があったり、商品そのものに強力なブランド力があったりしない限り、他に競合がない場合を除いて見向きもしてくれません。

基本的に、競合がいない商品は販売促進の必要がないので、キャンペーンを打つ必要もないでしょう。そのような状況で、消費者を振り向かせるには、お得な特典を用意して興味を持ってもらうことが近道になります。

人間はお得が大好きです。労力や投資以上のものが手に入る、あるいは手に入る可能性がある場合、そのものを手に入れたくなります。それゆえ、景品が豪華であればあるほどその反応はよくなるのは当然です。あまりに景品が「ショボい」と見向きもされないうえ、豪華な景品を用意するには予算の制約、景品表示法の制約があるので、バランスをみて用意する必要があります。

応募方法にエンターテインメント性を持たせる

従来の懸賞や応募型のプレゼントの応募方法といえば、「バーコードを切り抜く」「箱の裏などに記載されているマークを集める」「キャップや本体に添付されているシールを集める」「〜円以上購入のレシートを添付する」などして専用葉書や個人の持つ葉書で応募するものがあります。

これは一定程度の効果はもちろんありますが、「葉書に切手を貼らなければならない」「結果がすぐには分からない」「当選者は発送をもって通知」など商品の購買意欲や関心を冷却してしまう「タイムラグ」があるのが難点です。「葉書を用意する」「シールを集める」「切手を貼って投函する」といった多くの段階を踏む必要があるので、その途中で「飽きてしまった」「めんどくさい」「切手がない」などの理由でやめてしまう可能性が常に存在するのです。

レシートキャンペーンは、これらの労力は最小化されているように思われますが、それでも飽きさせない工夫は必要です。たとえば、「応募後、即結果がわかる」「毎日1回応募できる」「商品のレシートがあれば、その場で応募できるが、はずれても商品を〇個購入分のレシートを集めればさらに豪華な景品の応募にチャレンジできる」「すべてのキャラクターの商品の写真を撮影して応募すれば、当選確率が10倍になる」などの仕掛け。

一度興味を持ってもらった消費者を簡単には離脱させないためには、「何度でもチャンスがある」「たくさん集めれば、当たるかもしれない」と思わせて、商品への興味を失わせないことが肝要なのです。

キャンペーンの告知方法を工夫する

キャンペーンの告知方法も重要な要素です。せっかく有用なキャンペーンを用意しても消費者に知ってもらわなければ、意味がありません。競合の商品よりも目立つように工夫することはもちろん、「何が優れているのか」「何が消費者にとって有用なのか」「購入するとどのような特典があるのか」を明確に訴求する必要があります。

消費者に「おっ!いいねえ」と思ってもらうために「若い購入層に訴求するために、SNSと連動して広告する」「ペットを買っている方やDIYをしている方に訴求するために、ホームセンターとタッグしたキャンペーンを打つ」など、あるターゲット層にダイレクトにキャンペーンを周知できるような工夫も有効です。

ユーザーが応募しやすいようにする

先述したように、応募まではいくつかのステップを踏む必要があり、そのハードルを下げることでユーザーが応募しやすくなります。たとえば、「対象商品を購入したレシートを撮影するだけで応募が完了する」「住所、氏名などをあらかじめ入力しておけば、次の応募から入力を省ける」「シリアルナンバーを携帯の読み取り機能で読み込めば入力しなくても済む」などの工夫です。

簡単にいえばユーザーに「めんどくさい」と思わせないことが重要なのです。ユーザーが実際に操作する際の労力を最小化することが応募数を増やす近道になります。

キャンペーン情報を拡散しやすくする

商品やキャンペーンをSNSで拡散する方法は、販売促進の場面で多く用いられます。当然、拡散する側にもメリットがないと拡散してくれません。そこで活用されるのが、「キャンペーンの参加要件は、SNS上での拡散」「SNSで拡散すれば、当選確率が5倍」などの「必要性」や「旨味」を消費者に与えることです。このようにすれば、「自動で」キャンペーンを拡散してくれます。

しかし、SNSにキャンペーンや自身の活動を載せることに抵抗がある方もいます。拡散を条件に参加できるようにすると、このような消費者の参加を阻害してしまう可能性があるようです。SNS以外の参加方法を用意する必要性も考えておきましょう。

 

レシートキャンペーンを成功させるためには、どのような方法で顧客にアピールするべきなのか解説しました。レシートキャンペーンは有効な販売促進方法ではありますが、競合が多いのも事実です。他者に負けない的確な訴求方法や仕掛けをすることが成功させる鍵となります。上記を参考にレシートキャンペーンを成功に導いてください。

おすすめのレシートキャンペーンシステムランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名itsmonレシートSmartReceicoSMARTCROSSレシプロレシパシャ
特徴大手メーカーや商業施設の導入実績が豊富LINE友達1,000万人越えアカウントでのキャンペーン実施経験がある15年以上の実績を誇る確かな提案力と技術力チャットボットやLINEによる事務局対応が可能認証率95%を誇る高精度OCR認証エンジンを搭載
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧