レシートキャンペーンシステムを選ぶ際に確認しておくべきポイント!

公開日:2022/03/01

レシートキャンペーンシステムは、比較的新しいシステムではありますが、販売促進、顧客認知などに非常に有効であり、企業の販売戦略の一つとしての地位を確立しつつあります。ここでは、レシートキャンペーンシステムをコスト、機能、データマーケティングシステムの有無などについてまとめています。

システム利用のコスト

企業がレシートキャンペーンシステムを利用する際、もっとも気になるのがコストでしょう。従来の対面型、アンケート型などの形態と比較して格段に時間、費用、精度の面で割安になっていますが、投下した費用以上の対価が獲得できなければ、サービスを受ける意味がありません。料金プランは各社バラバラで、1日から年単位まで契約期間もさまざまです。

かかる費用は大きく分けて初期費用と月額、年額などの費用に分けられます。標準的な機能で初期費用は50万円ほど、月会費なら10万円くらいが多いようです。1日から契約できる企業もあり、これらは「どのようなサービスなのかとりあえず試したい」「費用対効果に疑問があるのでとりあえず短期間で試したい」などの初心者のニーズに応えられるよいツールといえるでしょう。

サービスの内容と費用は企業ごとに異なりますが、公開していない企業もあります。気になる企業があったら、とりあえず情報収集を兼ねて資料請求をしてみましょう。

レシートキャンペーンの機能

レシートキャンペーンシステムは、日々進化を続けており、さまざまな顧客や消費者の動向を加味したサービスを展開しています。現在は、従来のWEBサイト、アプリだけでなく、時代を反映したLINE、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSと連動したサービスが主流です。

ただ単に、消費者にレシートを撮影、送付させるだけでなく、その商品やキャンペーンをSNSで拡散してもらえば、集客効果は何倍にも膨れ上がります。当然、拡散する消費者にメリットがあるように誘導する必要はありますが、レシートキャンペーンを起点にそのような販売促進や顧客周知に切り込めるのは、大きなメリットでしょう。

拡散する側からしても、自身の存在や関連する活動、商品などを不特定多数の人間に短時間で大量に周知できます。SNSを利用したレシートキャンペーンのSNS連動は、双方に旨味のあるサービスなのです。消費者からすれば、携帯一つあれば、気軽に参加できて、お金や商品を手に入れられるこのサービスは非常に魅力的であり、今後さらに高度なサービスや機能が展開されることも予想されます。

注意が必要なのは、キャンペーンの機能が標準料金とは別にオプションとして設定されている企業もあることです。導入を検討する際は、サービス、機能の内容と金額をよく確認するようにしましょう。

データマーケティングシステムの有無

データマーケティングシステムとは、大雑把にいえば、ある基準に基づいて雑多なデータから必要なデータを集計するシステムのことです。いくらレシートキャンペーンが成功しても、「居住地域」「購入年齢層」「購買志向」「購入頻度」など、企業が知りたい情報を提供されないのであれば、今後の販売促進などに活かすことは難しいでしょう。

このような情報をリアルタイムで集計し、提示してくれる機能は必須といえるでしょう。導入予定企業がこの部分に対応しているかは確認しておきましょう。

サポート体制が充実しているか

「サービスはサポートがすべて」という言葉があります。いくらサービスがよくても、万が一の事態や困ったことがあったときのサポートがダメなら、依頼した効果は半減してしまうでしょう。

レシートキャンペーンサービスを提供する企業は、顧客の利便性を高めるため、「事務代行サービス」「キャンペーンのデザイン作成」「問い合わせ窓口、キャンペーン事務局の一元化」「技術的な問題の24時間サポート体制」など多彩なサポート体制を敷いています。まったく未知の領域に足を踏み入れる顧客であれば、これらのサポートは非常に心強いことでしょう。

また、作業をワンストップで代行してもらえるのであれば、業務や人員を圧迫しないので、本業に専念できるのもメリットでしょう。

実施企業の実績

まったく導入実績のない顧客にとって、導入実績は重要です。多くの顧客を抱えているということはそれだけの実績とノウハウ、情報提供力を持っているということになります。費用やサービスだけでなく、実際に多くの企業が導入してサービスに満足しているのであれば、これも導入根拠の一つになるでしょう。

OCRの精度

OCRとはレシートの内容を自動で、認識、振り分けするシステムです。消費者が送付するレシートの中には「キャンペーン対象外」「重複したもの」「複製されたもの」などが含まれています。

これを従来は一枚一枚人間が確認していましたが、それでは膨大な時間と人件費がかかります。これをOCRで自動化することによって作業の高速化、正確性の向上を実現しているようです。レシートキャンペーンシステムを導入するのであれば必須の機能といえるでしょう。

 

レシートキャンペーンシステムをコスト、機能、データマーケティングシステムの有無、サポート体制が充実しているか、実施企業の実績、OCRの精度の側面から解説しました。レシートキャンペーンシステムはこれからさらに発展する可能性のある市場であり、企業の受けられる恩恵も大きくなることが予想されます。導入の際は、上記の基準を参考に、自社に最適な企業を選定するようにしましょう。

おすすめのレシートキャンペーンシステムランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名itsmonレシートSmartReceicoSMARTCROSSレシプロレシパシャ
特徴大手メーカーや商業施設の導入実績が豊富LINE友達1,000万人越えアカウントでのキャンペーン実施経験がある15年以上の実績を誇る確かな提案力と技術力チャットボットやLINEによる事務局対応が可能認証率95%を誇る高精度OCR認証エンジンを搭載
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧